6月28日 古地図散歩に行こう!江戸城外堀4

0
    江戸時代の古地図を見ながら東京を散策する「古地図散歩」、6月28日午前中は「江戸城外堀4」のコースを歩いてきました。


    15kmにわたる江戸城の外堀を5つのコースに分けて古地図散歩を開催していますが、今回はその4つめのコース、四ツ谷駅から水道橋駅までになります。


    気になる天気は、前日の予報では昼ころから雨。ところが一夜明けてみると朝からかなりの雨が降っていました。天気予報大外れ、歩き旅応援舎の古地図散歩史上最悪の天気の中での開催となりました。


    前日のうちに「朝から雨」と言ってくれれば、中止にできたのに・・・(←グチ)


    四ツ谷駅前には大きな石垣があります。江戸城外堀にあった四ツ谷門の跡です。ここから外堀の中に造られた公園を通って市ヶ谷へ。市ヶ谷駅も外堀の門の一つ市ヶ谷門の跡に造られた駅です。


    その市ヶ谷駅前の道は、江戸時代初期に造られた市ヶ谷門前の橋の遺構の上にあります。都市の真ん中に、こんなに大きな城門の遺構が残っているのです。

     



    市ヶ谷門の前には、市ヶ谷八幡宮がありました。現在の亀ヶ岡八幡宮です。この八幡宮は、以前にブラタモリでも紹介された・・・
     



    急階段が名物の神社です。境内には青銅鳥居や狛犬をはじめとして江戸時代や明治初期のものがたくさんあります。


    市ヶ谷から飯田橋までは、外堀の向かいが上り坂になっています。それぞれの坂道には名前が付けられています。江戸の人たちは坂道に名前を付けるのがすきだったようです。


    そんな坂と坂の間には、愛敬稲荷神社がありました。江戸時代の地図にはかなり大きく書かれた神社ですが、現在は人家の一角にひっそりと祀られているだけです。

     



    飯田橋駅の前にも江戸時代には城門がありました。牛込門です。JR中央線の前身である甲武鉄道は、軍の後押しによって建設されました。そのため、軍が管理していた外堀と城門の跡地に線路や駅があるのです。


    飯田橋駅の北側で、外堀は北西方向から流れてきた神田川と合流します。ここから神田川は東にほぼ直線ですすみ、隅田川に流れ出ます。この神田川、江戸時代初期に治水と水運と外堀としての役割を担って人工的に掘られた川なのです。


    神田川と合流した外堀に、最初にあった門は小石川門でした。その跡地には現在小石川橋が架かっています。そこからほど近い水道橋駅が今回のゴール地点です。



    歩き旅応援舎の古地図散歩は、ほぼ毎週末に開催しています。(7月後半から9月前半まではお休みします)

    「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM