8月7日 古地図散歩に行こう!半蔵門〜新宿

0
    8月です。暑いです。

    江戸時代の地図を見ながら東京の町を歩く「古地図散歩」ですが、歩き旅応援舎で参加者を募集する形態のものは夏の間はお休みです。ただし個別のオーダーを受けての古地図散歩は行っています。

    8月7日は、奈良から旅行に来ているご夫婦からの依頼で「半蔵門〜新宿」のコースを歩いてきました。


    お二人とも歩き慣れた人たちらしく、30℃を超える気温でしたが、飲み水、帽子、露出の少ない服装と暑さ・日差し対策は万全でした。


    半蔵門駅を出ると、目の前にはどら焼き発祥の地、近くには「首斬り浅右衛門」屋敷跡、そして平河天満宮へとやってきました。


     



    江戸時代後期の天保15年(1843)の青銅製の鳥居のある神社です。鳥居の足下には小さな狛犬、あるいは獅子たち。

    太田道灌が現在の竹橋駅近くにある平川門のそばに建立した神社ですが、徳川家康の行った江戸城大改修に伴ってこの地に移転してきました。


    その先の坂道をくだった先の谷間が清水谷。昔、よい水が湧く井戸があったそうです。ここから明治11年(1878)に大久保利通暗殺事件のあった紀尾井坂を上ると、そこには江戸城外堀で一番古い門だった喰違見附の跡です。今も枡形になった土塁が残っています。


    喰違見附跡を過ぎると迎賓館です。江戸時代には紀伊徳川家の上屋敷だった場所です。もともと紀伊徳川家の上屋敷は清水谷にあったのですが、そこが火事で焼けて以降はこの場所が上屋敷として藩主の住居として使われるようになりました。


     



    ここからは坂道の上り下りが増えてきます。「4つの谷があったから四谷」という説もあるくらいで、とにかく坂が多いです。この坂道の上にも下にも途中にもお寺がたくさんあります。寛永13年(1636)に江戸城の大改修工事があり、外堀が築かれ江戸城の領域が大幅に拡大しました。そして外堀内にあった寺はほとんどが外堀外に集団で移転しました。この四谷にある多くの寺も、そのときに移転してきたものです。


    お寺もたくさんありますが、ところどころに神社もあります。その一つが於岩稲荷田宮神社。あの「東海道四谷怪談」で有名なお岩さんを祀る神社です。


     



    ところが、この地に伝わるお岩さんは怨霊などではありません。田宮家で入り婿の夫を支えて田宮家を栄えさせた良妻がお岩さんだったのです。そのお岩さんが日参していた稲荷神社が、のちに於岩稲荷田宮神社となりました。



    四谷四丁目の交差点には、江戸時代に四谷大木戸がありました。江戸の外れを意味する大木戸は、当初は夜になると治安維持のために閉じられていましたが、江戸の治安は非常によかったためにほどなく木戸は廃止となり、残っていた石垣も明治時代に撤去されました。


     



    今はこのような碑が残っているだけです。ちなみにこの碑は、ここから始まっていた玉川上水の水道管の石樋の石材から作られています。


    この先からかつての内藤新宿に入ります。江戸幕府が制定した五街道の一つ甲州道中は、当初は最初の宿場が高井戸でした。これは日本橋から遠すぎるというわけで、この地にあった高藤藩内藤家の下屋敷(現在の新宿御苑)の北側を削って新たに宿場を作ったのが「内藤新宿」なのです。この内藤新宿が現在の新宿の発展の基となりました。


    古地図散歩はこの内藤新宿で終わりとなります。暑い一日でしたが、無事に歩き終えることができ、遠方からのお客様にも楽しんでいただけたようで良かったです。



    今回のコースとみどころ
    半蔵門駅駅→どら焼き発祥の地→首斬り浅右衛門邸跡→平河天満宮→金鱗堂尾張屋跡→清水谷公園→紀尾井坂→迎賓館前→豆腐地蔵→須賀神社→於岩稲荷田村神社→長善寺→四谷大木戸・水番所跡→太宗寺


    江戸時代の地図を見ながら東京の町を散策する歩き旅応援舎のウォーキングイベント「古地図散歩に行こう!」は、夏の間はお休みします。次回開催は9月20日の予定です。コースは9月初旬ころに歩き旅応援舎のホームページにて公開する予定です。

    7月13日 古地図散歩に行こう!白金台〜田町

    0
      江戸時代の古地図を見ながら東京の町を歩く古地図散歩、7月13日は白金台から田町までを歩いてきました。


      今回は白金台と三田台の二つの台地を歩くわけですが、江戸時代の白金台は農地の中に大名家の下屋敷が点在していたところ、一方の三田台は江戸城拡張に伴って江戸の中心部から移転してきた寺々が軒を並べる寺院街でした。


      まずは白金台にある瑞聖寺へ。ここは江戸時代の前期に建立された日本最初の黄檗宗寺院です。江戸時代中期に建てられた本堂と門が今も残っていて、国の重要文化財に指定されています。

       



      黄檗宗と聞いても「?」という人が多いと思います。江戸時代に中国からやってきた禅宗の僧侶隠元が起こした宗派なのですが、この隠元和尚は日本にインゲン豆を持ち込んだ人でもあるのです。「黄檗宗=インゲン豆」と覚えましょう!


      瑞聖院の向かいには、江戸時代には薩摩藩の下屋敷がありました。江戸時代の地図に「●松平薩摩守」と書かれているところです。現在ここは結婚式場の八芳園になっています。門前にいた八芳園の人のご好意で庭園を見学させていただきました。

       



      ただ、この庭園は大名屋敷当時のものではなく、30年ほど前に整備されたものだそうです。



      さて、白金台から坂道を下って、さらに上ると底は三田台。今もたくさんのお寺が並んでいます。そのうちの一つ、玉鳳寺には白粉を塗って祈願するときれいになれるという「おしろい地蔵」があります。

       




      これまでも古地図散歩で何度も訪れているおしろい地蔵、多くの人が白粉(実際にはベビーパウダー)を塗って真っ白になっている石地蔵さんですが、あれ?前回来たときよりもさらに白くなっている???


      ここで前回と今回のおしろい地蔵の比較を。

       



      三田台の寺院街から慶応大学の前まで行くと、大学の隣は春日神社。平安時代の国司が奈良の春日大社から勧請を受けて建立したと伝えられる古社ですが、この神社の階段には実は秘密があります。
       



      今回のお客さまは古地図散歩の常連さんで歴史に造詣の深い人でしたので、その階段の秘密にすぐに気付かれました。一見なんの変哲もない階段に見えますが、実はすごい秘密が隠されている非常に珍しいものなのです。



      春日神社からほど近い田町駅まで歩いて今回の古地図散歩はおしまいです。


      今回のコースと見どころ
      白金台駅→瑞聖寺(国の重要文化財)→覚林寺(加藤清正ゆかりの寺)→樹木谷→大石内蔵助切腹の地(細川家屋敷跡)→長松寺(荻生徂徠の墓)→幽霊坂→玉鳳寺(おしろい地蔵)→正覚院(福島正則の墓)→宝生院(陣幕の碑)→三井倶楽部前(ジョサイア・コンドル建築)→イタリア大使館(赤穂浪士切腹の地)→龍生院(渡辺綱産湯の井戸)→春日神社(平安時代建立)→水野家屋敷跡(赤穂浪士切腹の地)→田町駅


      江戸時代の地図を見ながら東京の町を散策する歩き旅応援舎のウォーキングイベント「古地図散歩に行こう!」は、夏の間はお休みします。次回開催は9月20日の予定です。コースは9月初旬ころに歩き旅応援舎のホームページにて公開する予定です。

       

      7月6日 古地図散歩に行こう!江戸の水路跡 日本橋編

      0
        江戸時代の古地図を見ながら東京を散策する「古地図散歩に行こう!」、7月6日の午後は日本橋界隈で江戸時代の水路の跡をめぐってきました。


        江戸時代の江戸は100万人の人口をかかえる世界最大の都市でした。この多くの人口を養うための経済力は、当時の江戸の町に縦横にはりめぐらされていた堀や川などの水路によって支えられていました。これらの水路を使って運ばれてきた多くの物品が、江戸において取引されて莫大な経済効果を生んでいたのです。


        それらの水路も明治・大正・昭和を時代が移り、運輸や取引方法の変化にともなって不要となり、昭和40年代までにほとんどが埋め立てられてしまいました。


        今回はこれらの水路のうち、今はなきものの痕跡をたどることを中心に、その跡地を歩いてきました。


        日本最大の遊郭吉原は、浅草に移転する前は現在の人形町付近にありました。その吉原を囲んでいた堀の一部は江戸時代を通じて残っていました。

         




        江戸時代の地図に「竈川岸」と書いてある横にある水路がそれです。


        現在は一部は道に、また一部は人家の間の細い通路になっています。


        ここから江戸時代に造成された埋立地、永久島と霊岸島をめぐります。現在は箱崎ジャンクションのある場所はかつての箱崎側の跡、その南側は永久島でした。


        箱崎川には行徳河岸という荷揚場があり、行徳から人や物資が運ばれてきていました。今もその跡地周辺には醤油業者が多いです。


        現在の永代橋は日本橋川の右岸に架けられていますが、江戸時代には左岸にありました。その左岸こそが永久島です。江戸時代の永代橋の跡から豊海橋を渡って現在の永代橋の前まで行きます。この場所が江戸時代の埋立地霊岸島だった場所です。


        霊岸島には運河が掘られていました。その運河「新川」の河岸では酒類が荷揚げされ、付近には多くの酒問屋の蔵が並んでいたそうです。第二次大戦の空襲で新川周辺は焼け野原になり、新川も空襲の瓦礫処理のために埋められてしまいましたが、現在も数軒の酒造会社の事務所や倉庫があります。


        湊橋を渡り日本橋川沿いを北上します。日本橋堀留町、日本橋小舟町の付近は江戸時代に2本の堀があり、その両岸では材木、食料、畳表や傘、雪駄などの生活必需品、非常に多くの品々が荷揚げされていました。ここが江戸最大の物流拠点だったのです。


        この2本の堀、「堀江町入堀」と「伊勢町堀」と呼ばれていましたが、これらの堀も現在は埋め立てられてその中央部は道路に、それ以外の場所はビル街になっています。


        そんな中、ビル工事で発掘された堀の護岸の石垣の一部が歩道の脇に展示されています。

         



        伊勢町堀は「L」字形に曲がっていて、その先端は現在コレド室町のある辺りになりました。コレド室町は最近2と3ができて、多くの買い物客で賑わっています。そのコレド室町2と3の間の道は江戸の遊郭を思わせる装飾となっています。
         




        今回の古地図散歩は、この2本の堀の跡を歩いた後、江戸橋から日本橋まで歩いて終わりとなりました。江戸橋から日本橋にかけては魚河岸のあったところで、江戸近辺の漁師たちが獲った魚を運んできて売っていたところです。関東大震災で壊滅し、築地に移転しました。それが現在の築地市場です。


        江戸の人口を支えた水路の跡をめぐった古地図散歩、秋以降も開催する予定です。
        「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、予定を公開しますので、歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。

        7月6日 古地図散歩に行こう!竜閑川跡

        0
          江戸時代の古地図を見ながら東京を歩く「古地図散歩に行こう!」、7月6日の午前中は「竜閑川」の跡を歩いてきました。


          「竜閑川」は江戸時代前期の終わり頃、元禄時代に掘られたと言われている水路です。江戸時代には「神田堀」とか「神田八丁堀」と呼ばれており、外堀から始まり、隅田川側から掘られてきていた浜町堀とつながっていました。「竜閑川」という呼称が一般的になったのは明治以降と思われます。

          今回歩いたルートは、神田駅を出発し外堀沿いの、神田堀→浜町堀→隅田川でした。

           



          昭和25年に戦災における瓦礫処理のために埋め立てられてしまった「竜閑川」ですが、神田駅近くの始点ではビルとビルの間に延びる細い道を見ることができます。この道が埋め立てられた「竜閑川」なのです。
           



          この道の周囲には、様々な史跡があります。時の鐘の跡や小伝馬町牢屋敷、銀座の跡などです。

          神田堀と浜町堀はほぼ直角の角度でつながっていましたが、その結合点部分は現在公園になっています。おもしろいことに同じ公園のなかが「竜閑川」の跡地をはさんで中央区と千代田区に分かれています。

           



          青い看板のあるところが中央区
           



          黄色い看板のあるところが千代田区です。
           



          銀貨の製造所である「銀座」は江戸時代当初は現在の銀座にありましたが、松平定信の寛政の改革で人形町に移されました。当時の地名では蛎殻町の近くですので、移転後の銀座は「蛎殻銀座」と呼ばれていました。


          現在、銀座の跡地は料亭街になっています。

           



          蛎殻銀座の跡から浜町堀跡に戻ります。浜町堀跡は道路に挟まれた緑道になっています。この緑道は箱崎ジャンクションまで続いていますが、ジャンクションがある場所は江戸時代まで隅田川でした。現在の隅田川河畔まで歩いて、この古地図散歩は終了です。

          この日は多少暑かったものの久々の晴れた天気のもと、気持ちよく歩くことができました。



          歩き旅応援舎の古地図散歩は、ほぼ毎週末に開催しています。(7月後半から9月前半まではお休みします) 

          「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。


           

          6月28日 古地図散歩に行こう!江戸城外堀4

          0
            江戸時代の古地図を見ながら東京を散策する「古地図散歩」、6月28日午前中は「江戸城外堀4」のコースを歩いてきました。


            15kmにわたる江戸城の外堀を5つのコースに分けて古地図散歩を開催していますが、今回はその4つめのコース、四ツ谷駅から水道橋駅までになります。


            気になる天気は、前日の予報では昼ころから雨。ところが一夜明けてみると朝からかなりの雨が降っていました。天気予報大外れ、歩き旅応援舎の古地図散歩史上最悪の天気の中での開催となりました。


            前日のうちに「朝から雨」と言ってくれれば、中止にできたのに・・・(←グチ)


            四ツ谷駅前には大きな石垣があります。江戸城外堀にあった四ツ谷門の跡です。ここから外堀の中に造られた公園を通って市ヶ谷へ。市ヶ谷駅も外堀の門の一つ市ヶ谷門の跡に造られた駅です。


            その市ヶ谷駅前の道は、江戸時代初期に造られた市ヶ谷門前の橋の遺構の上にあります。都市の真ん中に、こんなに大きな城門の遺構が残っているのです。

             



            市ヶ谷門の前には、市ヶ谷八幡宮がありました。現在の亀ヶ岡八幡宮です。この八幡宮は、以前にブラタモリでも紹介された・・・
             



            急階段が名物の神社です。境内には青銅鳥居や狛犬をはじめとして江戸時代や明治初期のものがたくさんあります。


            市ヶ谷から飯田橋までは、外堀の向かいが上り坂になっています。それぞれの坂道には名前が付けられています。江戸の人たちは坂道に名前を付けるのがすきだったようです。


            そんな坂と坂の間には、愛敬稲荷神社がありました。江戸時代の地図にはかなり大きく書かれた神社ですが、現在は人家の一角にひっそりと祀られているだけです。

             



            飯田橋駅の前にも江戸時代には城門がありました。牛込門です。JR中央線の前身である甲武鉄道は、軍の後押しによって建設されました。そのため、軍が管理していた外堀と城門の跡地に線路や駅があるのです。


            飯田橋駅の北側で、外堀は北西方向から流れてきた神田川と合流します。ここから神田川は東にほぼ直線ですすみ、隅田川に流れ出ます。この神田川、江戸時代初期に治水と水運と外堀としての役割を担って人工的に掘られた川なのです。


            神田川と合流した外堀に、最初にあった門は小石川門でした。その跡地には現在小石川橋が架かっています。そこからほど近い水道橋駅が今回のゴール地点です。



            歩き旅応援舎の古地図散歩は、ほぼ毎週末に開催しています。(7月後半から9月前半まではお休みします)

            「参加してみたい!」とか「もっと詳しく知りたい!」という人は、歩き旅応援舎のホームページをご覧ください。


            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << June 2017 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM